東商株式会社

70周年を迎え 70TH ANNIVERSARY

「奉仕の精神」「創意工夫」「勤勉と質実」
これからも、この先も
東商らしいモノづくりに邁進していきます。

70周年を迎え


創業の地 「壽林寺」
(名古屋市東区東桜)

1950年(昭和25年)、世の中は闇商売横行の頃、お寺(壽林寺)の茶室を借用し折りたたみの茶袱台を置き、久保田・山里の二人で商売を始めたのが当社の初まり。
翌年5月に社名を株式会社東洋商社とし、設立登記。(東洋レーヨン株式会社(現:東レ株式会社)名古屋進出に当り、同社の下請業社として奉仕致したく、東洋と命名。)
当時東洋レーヨン株式会社工場の名古屋六号地への進出は、当社にとり恵まれたる幸運で、先ず工場の耐酸床工事を受注する事となりました。
瀬戸地区に産する上質の硝子製造用天然珪砂の使用を推薦し、数百屯以上の受注を受け東洋商社発足の基盤となったわけです。

その後、金属部品加工並びに産業機械の製造・販売、繊維機械関連組立据付仕上作業を生業として創業以来、昭和・平成・令和と3つの時代を跨ぎ、70年のあゆみを続けてまいりました。
これもひとえに皆様方の厚いご支援と温かい激励の賜と深く感謝しております。
加えてこれまで諸先輩方の並々ならぬ努力に支えられ、昭和のオイルショック・平成のバブル崩壊・リーマンショックを、また令和では今まさに、現役社員・関係者の協力によりコロナ禍を、そしてその他多くの困難をこれまでに乗り越え、社業発展に邁進してきた成果により、創立70周年を2021年5月に迎えるに至りました。
今後も一つひとつの仕事を安心・安全・確実に遂行し、創立80年、90年、更には100周年を目指し、これまで培った技術と経験を高め、伝え、お客様に満足していただける企業としてより向上してまいります。

  • 名古屋市東区松山町34
    (株)東洋商社 本社前にて
  • 1970年(昭和45年) 5月
    創立20周年記念日